ロゴ

業者へ依頼できる遺品整理【気になる依頼の時期などを紹介】

作業員

需要が増えている遺品整理サービス

高齢者が誰にも看取られることなく死んでしまう孤独死が、超高齢化社会に入っている日本に多く増えています。その他にも、身内が誰も見つからなかったり、居たとしても遠くに住んでいたりするため、遺品整理をする時間が取れないなどの理由で遺品整理サービスの需要が増えています。身内が近くにいないなどの理由がある場合は老前整理をしておくことがおすすめです。

ダンボール

遺品整理サービスを利用するメリット

遺品整理は、単純に不要なものを捨てるだけではありません。一度作業をしてみますと、思った以上に大変で時間が掛かるものです。そこでおすすめするのが遺品整理サービスです。経験豊富な遺品整理士であれば、思い出の品や貴重品を誤って処分しないで済むというメリットもあります。

男女

遺品整理業者に依頼するタイミング

遺品整理をするタイミングは色々とありますが、一般的には四十九日を迎えた後や死亡届や年金・保険金などの手続きを全て終わってから行うなどがあります。必ずこの時までにしないといけないという事はありませんので、自分の中で落ち着いてから依頼をすると良いでしょう。

作業員

遺品整理の費用目安

遺品整理は作業費や人件費、車両費や回収運搬費、そして廃棄処分費などが掛かります。部屋の広さによって金額は異なりますが、それ以外にも処分したい家財の量や種類によって変わってきます。依頼前に金額を知りたい場合には、事前に必ず見積もりを取りましょう。

ダンボールと軍手

遺品整理にかかる時間の目安

遺品整理サービスの業者に依頼した場合、ワンルームであれば大体3時間程度掛かります。2LDKなどの広い部屋の場合は、8時間程度掛かることもあるでしょう。作業をする部屋の状況によっては1日で終了出来ない場合がありますが、その時は必ず説明がありますので安心して下さい。

遺品整理業者が行っているサービス5選

男性
no.1

遺品の仕分け

形見として残しておきたいもの、リサイクルをするもの、そして廃棄をするものに分けるサービスを行います。遺品整理は遺族だけでは大変な作業のため、スタッフで分担しながら短時間で作業を行います。

no.2

遺品の処分

遺品の処分は、単に不用品として回収業者に依頼をするのではなく、きちんと遺品として大切に取り扱ってくれます。機械的に作業をするのではなく、遺族の心情を汲み取ってくれますので安心です。

no.3

遺品のリサイクル

リサイクル品として買い取った物の対価は、遺品整理の料金に還元したり、現金にしたりして引き渡してくれます。遺族がゴミだと判断したものでも、価値があると判断さえれば査定してもらえます。

no.4

お部屋の清掃

遺品を仕分けするだけが、遺品整理サービスの仕事ではありません。特に賃貸物件の場合には、退去する時に原状回復を求められます。スタッフが遺品整理と同時に丁寧に掃除をしてくれますので安心です。

no.5

孤独死に対する特殊清掃

1人暮らしをしていた高齢者が孤独死した場合、暫く発見されないと部屋内に異臭が立ち込めたりします。そのような場合には一般的な清掃では汚れや臭いが取れないため、特殊清掃が必要になります。

広告募集中